小児の歯並び治療

大切なお子様のための歯並びケア

歯並びはお子様の健康や、これからの成長に大きな影響を与えます。小さいうちからお子様の歯並びをしっかりケアして、気になることがあれば、お母様ひとりで悩まずに、歯科医師に相談しましょう。

「乳歯は永久歯に生え変わるから、矯正しなくても大丈夫」と考えられる方もいらっしゃいますが、永久歯が生え揃ってしまってからでは、矯正で動かすのに時間がかかってしまいます。お子様の成長に合わせて、適切な矯正治療を行うことが大切です。

悪化させる癖や習慣

乱れた歯並びの例

子どもの矯正装置

歯並びがもたらす影響

歯並びの乱れは、見た目だけの問題ではありません。歯並びが悪いと、すみずみまで歯みがきをしにくくなり、むし歯や歯周病が発生しやすくなります。

また、乱れた歯並びによって咬み合せにも問題があると、うまく食べ物を咬み切ったり、咬み砕いたりできなくなることがあります。よく咬んで、味わいながら食べることは、お子様の成長には大切です。咬むことで分泌されるだ液は、食後に酸性になった口腔内を中和する働きや、消化吸収を助ける働きがあります。歯並びが悪いために、咬まない習慣がついてしまうと、全身の健康のためにもよくありません。

歯並びが悪く歯と歯のすき間から空気が漏れてしまう状態だと、正しい発音ができなくなることもあります。特にお子様の場合は、発音を気にして話すこと自体に苦手意識をもってしまうことが問題です。

歯並びを悪化させる癖や習慣

指しゃぶり

指しゃぶりは幼児期にはよくある癖ですので、指しゃぶりが必ず歯並びを悪くするわけではありません。しかし、永久歯の前歯が生え揃う時期まで指しゃぶりの癖が続いている場合は、あごの発育にも影響を及ぼし、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合)などの不正咬合へ発展させてしまう可能性があります。

指しゃぶりなどの癖は精神的な安定につながっている場合もあり、無理にやめさせようとすると、かえってストレスになってしまうこともあります。歯科医師にご相談いただき、お子様にあった矯正治療を考えていきましょう。

咬爪癖(こうそうへき)

爪を咬むことで強い力が歯に加わり、徐々に歯並びがずれてしまうことがあります。これも、無理にやめさせる必要はありませんが、気になるようでしたら歯科医師にご相談ください。

咬唇癖(こうしんへき)

唇を咬みしめる癖も、部分的に強い力が歯に加わり、歯並びを悪くし、下あごの成長を妨げる原因の1つです。特に、上顎前突(出っ歯)の場合は、上の歯と下の歯の隙間に下唇を巻き込んで咬唇癖を引き起こしやすくなり、さらに歯並びを悪くしてしまうという悪循環に陥るケースもあります。

舌癖(ぜつへき)

正しい歯並びの形成には、両頬からの圧力と舌による裏側からの圧力がバランスよく加わることが大切です。舌の使い方が悪いと、常に歯を裏側から押してしまい、歯並びがずれてくる場合があります。アレルギー性鼻炎などで鼻呼吸ができず、口呼吸になってしまっている場合や、指しゃぶりなどで前歯が咬み合っていない場合などに見られる癖です。

頬杖

長時間頬杖をつく癖があると、頬杖をついている側のあごが圧迫されてバランスが崩れ、咬み合わせが悪くなることがあります。

体癖

姿勢が悪かったり、うつぶせ寝の習慣があったりすると、歯並びにも悪い影響を及ぼします。また食事の時に、テレビを見るために首を横に向けた状態でものを咬んでいると、片方のあごだけを使う「片咬み」になり、左右のあごのバランスが乱れる原因になります。

柔らかい食品の摂取

現代の食生活は、歯ごたえのあるものが少なく、柔らかく食べやすいものが好まれます。柔らかいものばかり食べるようになると、咬む回数やあごの負担が減り、あごが十分に成長しません。あごが小さすぎると、歯がきちんと並ぶスペースが足りなくなり、八重歯や乱杭歯の原因になるのです。柔らかいものばかりでなく、歯ごたえのある食品もとるように心がけましょう。

口呼吸

口呼吸は歯並びに影響を与えるだけでなく、のどの炎症を起こしやすくなったり、脳に酸素が届きにくくなったりします。鼻呼吸をして口を閉じていることが、正しい歯並びの形成を手助けします。

乱れた歯並びの例

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が下の前歯よりも前に出ています。口を閉じにくく、上唇が上がったままになってしまうほど強く前に出ている状態です。

反対咬合・下顎前突(受け口)

自然に口を閉じたときに、下の前歯が上の前歯よりも前に出ていて、うまく食べ物を咬むことができません。下あごが発達しすぎているケースもあり、あごがしゃくれているように見えてしまいます。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

歯が前後にずれて重なるように生えている状態です。歯みがきがしにくいので、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

開咬(オープンバイト)

強く咬みしめても、上下の前歯の間にすき間ができる状態です。舌癖がある場合などに見られます。

過蓋咬合(ディープバイト)

噛み合わせると上の前歯が下の前歯を隠してしまうほど、咬み合わせが深い状態です。

上下顎前突

上下のあご全体が前に出ていて、口が閉じにくい状態です。

お子様の成長に合わせて矯正を始めましょう

子どもの矯正を始めるのは、前歯が抜ける7~8歳ごろがいいといわれています。その年齢以下の場合は、矯正治療の必要性を理解し、治療に協力することが難しいからです。

子どもの成長の度合いは個人差が大きく、たえず変化しますから、定期的な検診を受け、歯科医師に相談しながら見守っていきましょう。年齢にこだわらず、歯並びが気になったときに始めるのが、最良のタイミングだと考えてください。

子どもの矯正装置

いとう歯科クリニックの子どもの矯正では、あご自体を広げて、永久歯が正しい位置に生えてくることを促す「床矯正」という矯正方法を行っています。

床矯正の目的

床矯正の治療方法

入れ歯に似た装置を使い、あごを拡げます。痛みはなく、幼児でも簡単に取り扱いができる装置です。あごを拡げて、歯が並ぶのに必要なスペースをつくってあげることで、正しい位置に歯が移動し、永久歯を抜くことなく歯並びを矯正できます。

※歯並びの状態に合わせて、何種類かの装置を組み合わせて使用します。早期に治療を開始すれば1種類の装置でも治療できますが、症状が複雑になれば装置の数も増え、時間的・金銭的負担も増えます。

※装置による矯正で歯並びを整えた後は、歯並びに悪影響を与える舌癖や習慣などを改善するトレーニングを行って、歯並びの後戻りを予防します。

床矯正のメリット