成人の歯並び治療

大人になってからの矯正治療

「大人になってしまったら矯正できない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、大人でも矯正治療で歯並びを整えることができます。あごの成長が完成している大人の場合、子どもの治療よりも治療のスケジュールが立てやすくなります。

大人だからこそ、コンプレックスのない自然な笑顔で過ごせるように、バランスのとれた美しい歯並びを手に入れましょう。当院では、安心して治療を受けていただけるよう、矯正の専門医が治療法についてしっかりとご説明します。

当院の矯正方法

表側矯正

表側矯正

ブラケットと呼ばれる矯正装置を取りつけ、ワイヤーを通して歯を移動させる方法です。歯に金属のブラケットをつけるので、見た目が気になるという難点があります。最近では透明のプラスチックや白いセラミックを使った目立たない装置もあります。

メリット デメリット
これまで一般的な矯正法として利用されてきた実績があり、治療期間も短く済みます。 歯の表側にブラケットやワイヤーを取りつけるので、見た目が気になります。
裏側矯正

裏側矯正

通常は歯の表側に取りつけるブラケットやワイヤーを歯の裏側に取りつけます。舌側矯正とも呼ばれ、外側から見ても矯正していることがほとんど分かりません。

メリット デメリット
装置を歯の裏側につけるので、接客や営業などの仕事の際も、見た目が気になりません。歯を手前に引き寄せる効果が高いので、出っ歯の症例にも適しています。 歯の裏側に装置があるため、舌があたって強い違和感が出ることがあります。また、通常の表側矯正に比べて治療費が高く、治療期間が長くなります。
マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース型の装置を使った矯正方法です。2週間ごとにマウスピースを新しい型に交換していくことで、歯を徐々に動かしていく方法です。

メリット デメリット
矯正方法の中でもっとも目立たない装置です。また、マウスピースは取りはずしが可能なので、お口の中を清潔に保てます。 比較的歯列の乱れが少ないケースにのみ対応できます。取り外しが可能な装置なので、患者様の装着忘れなどが起きやすいことが難点です。
インプラント矯正

通常の矯正器具とインプラントを組み合わせた、最先端の矯正治療法です。これまでの方法ではできなかった、歯を奥に移動させることができます。

メリット デメリット
治療期間が大幅に短縮されるうえに、埋め込んだインプラントを固定源とするので、確実に歯を移動させることができます。 まだ新しい方法のため実績が少なく、治療を行っている歯科医院は多くありません。インプラントのための手術が必要になり、治療費が高額になります。

矯正中・後の注意点

矯正治療のリスクや注意点は、以下のようなものがあります。治療中に痛みがあったり、食べ物がしみたりする場合や、金属アレルギーの症状が出た場合には、すぐに担当の歯科医師へご相談ください。

むし歯、歯周病

矯正治療を開始する前には、必ずむし歯や歯周病の治療を行いますが、矯正治療の装置を取りつけていると、どうしてもみがきにくいところができてしまい、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。治療中は、装置と歯のすき間を丁寧にブラッシングし、歯を清潔に保ちましょう。

治療期間の延長

歯の状態によっては、治療期間が計画よりも長引く場合があります。むし歯や歯周病が発生して治療が必要になった場合や、取り外しができる装置の装着時間や定期的な来院が守られていなかった場合など、さまざまなケースがあります。また、特殊な咬み合わせや歯の形がある場合や、歯並びに影響を与える癖が改善されない場合などは、一般的な矯正治療よりも治療期間が必要です。

歯肉退縮

歯を移動させることによって、歯ぐきが下がってしまう場合があります。そうなると歯根部がむし歯になりやすくなってしまうので、下がった歯肉を改善するために歯肉移植が必要になります。

後戻り

歯を移動させる矯正治療が完了して歯並びが改善されたあと、歯は元の位置に戻ろうとします。このため、歯を正しい位置にとどめておく「保定期間」が必要です。歯が安定して保定するまでの期間は、人によって違ってきます。この保定期間も治療のために必要な期間とお考えください。